FC2ブログ
 
怪虚録(めもわぁる)
嘘は書かないが、本音も書くつもりはない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャプテンナンバーは6だった

折角先の文章でローラーゲームに触れたので少しだけ。


綾部ケイコ、と聞いて「あぁ!」と思わず懐かしさがこみ上げてくるのは40代半ばから50代前半の男性のごく一部。もちろん同姓同名の綾部圭子さんは他にもいるだろうから、そういう例外は抜きにして。
昭和40年代後半のローラーゲームのブームを支えた(いわば、キックの沢村忠、ボウリングの中山律子みたいな存在)のは佐々木ヨーコだった。
当時まだ第二次性徴直前のただの餓鬼だった僕にとっては佐々木ヨーコはただの女子のキャプテンに過ぎず、ミッキー角田やリッキー遠藤、ボビー加藤らの格好のいいスケーティングが見られれば満足だった。
また、僕がローラーゲームを見始めて半年経つか経たないかで佐々木ヨーコは引退した。
代わって背番号6をつけ、女子キャプテンに「繰り上がった」のがそれ以前は5番をつけていた綾部ケイコだった。
僕から見れば、ケイコはヨーコと比べて、ルックスも、スケーティングも、髪の長さまでもまったく劣るところなどなく、そのまま6番をつけて何の違和感も感じなかった。全てのローラーゲームのファンが僕と同じように思っていたなら東京ボンバーズの終焉はもうしばらく先に延ばすことができたかもしれない。だが、現実はそうではなかったようだ。
東京ボンバーズの女子の背番号6番は、僕よりもっと上の世代のファンにとっては、佐々木ヨーコだけのものであり、神聖にして侵すべからずというものだったのでは無かったのだろうか?その6番を、ヨーコが引退したからといってあっさりケイコが譲られてしまったことが、少なからぬヨーコ・ファンをローラーゲームから引き離す結果になったのではないか。
それは、昨年、シンボリクリスエスが引退し、繰り上がりでゼンノロブロイが古馬No.1に居座ったときと同じような違和感だたのではないか?
ケイコはケイコであって、ヨーコではない。そのケイコが6番をつけるために、何らかのストーリーが必要だったのではないだろうか?例えば、「マッチレース10番勝負」とかやって、勝ち越したら6番をつける、とか。あるいは逆に女子6番を永久欠番にして、ケイコは5番のままキャプテンを勤めるということでも良かったかもしれない。
当時のボンバーズのオーナーはアメリカ人だったと聞く。ヨーコがいなくなっても、人気はともかく、実力、ルックスともそれほど差の無いケイコに6番をつけさせればファンはついてくる、そんな読みの甘さがあったのかもしれない。一方で、そんなことをやってる余裕が既にボンバーズには無かったほど経営が行き詰まっていた可能性も否定できないのではあるが。
結局、それから間もなく、ボンバーズは終焉を迎える。佐々木ヨーコの名前は未だに語り継がれている。だが、綾部ケイコの名は忘れられているか、佐々木ヨーコのNo.2として記憶されているに過ぎない。それが残念。だから、くどいようだけど、もう1回書く。実力、ルックス、髪の長さまで、決してケイコはヨーコに劣っていなかった。ラフな試合になったときの激しさではヨーコ以上に頼れる存在だったと思う。。


ここからは蛇足。
ストーリー造りに関してはよくプロレスで行なわれることだ。思い出すのは亡くなったジャンボ鶴田さん。
あまりにも馬場さん越えのストーリーを引っ張られすぎて、本来ならアスリートとしてピークのはずの20代半ばから後半を「善戦マン」と言われつづけたのは不遇だった試練の10番勝負は2年以上も引っ張られ、あげく最後の最後は既に峠を越したエリック。当時新日ファンだった僕から見て、鶴田さんがかわいそうだった。


※ この文章は僕の子供の頃の記憶のみに基づいて書いています。
後日、当時佐々木ヨーコ引退後のボンバーズを人気の面で支えつづけた小泉ヒロシ氏の著書を読み直し、記憶違い等があったら訂正します。


2012年6月24日付記
最近知った話。女子1番コリーン・ミュレルは「奇才」ロニー・レインズの奥さんだとか。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

B.B.N.

Author:B.B.N.
盛岡在住のプログラマーにして、人生のテロリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。