怪虚録(めもわぁる)
嘘は書かないが、本音も書くつもりはない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日に2冊本を読んだのは久しぶり

午後、2冊本を読んだ。
ハインラインの「宇宙の孤児」と村上龍の「限りなく透明に近いブルー」。
スカルラッティのチェンバロ・ソナタとか聞きながら。アンバランスな組み合わせだ。


「宇宙の孤児」は学生時代に読んで以来20年ぶり?ページは茶色に焼けている。この頃の本って、酸性紙だから、数十年でボロボロになるそうだ。
ハインラインの初期のSFで、彼の古き良きアメリカ人としての考え方がストレートに出てる。猪木さんじゃないけど、「迷わずに行けよ、行けばわかる」みたいな。ハインラインもそろそろ亡くなって20年、10代、20代のSFファンは彼の小説をどう読んでいるのだろう。SFの古典というか、定番として「夏への扉」「異星の客」とか読むのかな。


「限りなく透明なブルー」を最初に読んだのは高校2年生かな?
それまで読んでいた本は主にミステリ(和洋問わず)。他に三木清との「人生論ノート」とかプラトンの「ソクラテスの弁明」(って、2冊とも読書感想文書くために読んだだけじゃん)とか読んで、結構まっとうに人格が形成されつつあった。中学3年~高校2年くらいまでの僕は、今よりはるかに大人で、考え方もしっかりとしていた。そんな時に「限りなく透明に近いブルー」を読んで、それまで築いてきた価値観とか、人生観とかってのが完全に崩壊した。それから25年経って、いまだに再構築できないでいる。それくらいのショックをこの小説から受けた。それでも、なんとなくだけど「限りなく透明に近いブルー」っていう感覚はなんとなく判った気がした。
この後、時代に応じて(実名を挙げて申し訳ないが)田中康夫とか、高橋源一郎とか出てくるんだけど、その都度、生ぬるくて読めたもんじゃないって思うようにもなった。


今回読み直したのは10数年ぶり4回目かな?自分の感性が鈍くなってるのを感じたのは、常用している精神安定剤のせいだけじゃないだろう。残念だけど。
人間が、「結晶化された、研ぎ澄まされた感性」を持っていられるのは10代後半(個人差はあるだろうが)のほんの一時期だけ。そして、その時期を過ぎてからそのことに気づく。いや、気づかない人間もいるだろうが。


2012年7月21日追記。

50を目前にして、今でも、15~16の頃が一番(精神的に)大人だった、と思っている。
あるいは「オレって、いつ(精神的に)大人になるんだろう」と思うこともある。


当時の精神的・肉体的な状況を記録しておくために手は加えなかったが、今現在、精神安定剤は常用していない。万が一のためにかならずバッグに入れて持ち歩いているが、震災後しばらく、頓服的に飲んでいたのを最後に、もう1年以上服用していない。ここまで回復するのに6年?7年?それでも相変わらず睡眠障害は出てるし、強迫性障害の症状のひとつの「確認行為」も治まらない(たぶん、出勤前の僕を傍で見てたらおもしろいよ。玄関のドアを開けて出てきたと思ったら引き返し、また出てきて、引き返し、を何度も繰り返すのだから)。これは、「一生モノ」。仕方ない。向き合って、付き合っていくしかない。
スポンサーサイト

プロフィール

B.B.N.

Author:B.B.N.
盛岡在住のプログラマーにして、人生のテロリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。